広告、媒体の種類とその特徴を把握する

テレビや新聞でお馴染みの通信販売。家庭内を見渡せばカタログの一つや二つはすぐに見つがるといった具合に、私たちの生活とはすでに切っても切れない通信販売の広告だ。

ここでは、広告、媒体の種類と特徴をその基本的側面からとらえておきたい。なぜならば、通信販売はダイレクト・マーケティングであり、コミュニケーション・メディアの選択は、企業規模や扱い商品、顧客(または見込書)、さらに販売対象地域などを勘案した経営戦略によって使い方を変えていく必要があるからである。

分類のしかたは決まったものではないが、分けてとらえるととにする。

①自社媒体

まず、媒体は自社媒体と他社媒体の二つに分類できる。自社媒体は自社で発行する媒体ということで、その特徴は、自社の戦略に基づいて発行部数や発行のタイミング、対象地域、対象顧客などを自由にコントロールできる点にある。

他社媒体に比べて予算的にも自由で、広告の対象者や人数も把握できているので、ある程度反応を計算するととも可能である。

・カタログ

・チラシ

-自社発行の会員誌

・電話・ファックス

などがある。

カタログやチラシなど自社媒体は顧客(見込客)リストがあって初めて可能な媒体である。したがってリストがあるかどうかが前提となる。そして、顧客リストを蓄積することで一人ひとりの顧客に直接働きがけるダイレクト・マーケティングが可能になるのである。

①他社媒体

他社媒体は自社が発行する媒体以外の媒体をいう。その特徴は、それぞれの媒体がもつ格に規定されやすく、発行部数や発行時期に制約があり、あらかめ反応を計算することは自社媒体に比べてむずかしい。

・新聞

・雑誌

・ミニコミ誌

・テレビ

・ラジオ

・パソコン通信

・CATV

などである。

また、以上からわかるように、自社媒体をリスト媒体、他社媒体をマス媒体といういい方もする。

一般的には、顧客(見込客)を増やす目的には他社媒体(マス媒体)を使い、リピート購買、固定客化を目的とする場合は自社媒体(リスト媒体)を使う。

マス媒体は、従来、テレビ、ラジオ、新聞や雑誌、ミニコミ誌、会員誌などが主流であるが、最近はパソコン通信やCATV、インターネットなどが登場し、媒体に広がりが出てきている。

通販開始当初は、顧客リストが少ないため、マス媒体の利用が多くなる。マス媒体はレスポンス(注文)を受ける目的と同時に見込客を発掘する手段である。資料請求や問い合わせには十分な対応をし、一人でも多くの見込客を本当の顧客に転換するように努力することが大事である。

    関連サイトのリンク集

  • ラベル作成ソフト標準搭載のラベルプリンターを探しているなら、各種カスタムが可能なワイド幅ラベルに対応し、高速で高耐久な大容量消耗品にも対応しているので業務用として大量にプリントする際にオススメです。

ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 広告、媒体による販売戦略の基本 All Rights Reserved.