広告、媒体による販売戦略の基本 TOP > 広告、媒体による販売戦略の基本 > カタログは会社の顔、好印象と訴求力が必要

カタログは会社の顔、好印象と訴求力が必要

カタログの基本的性格

通販広告の機能と役割の中でもカタログは、その代表的なものである。

カタログは、自社の商品を総合的に紹介し、顧客に購買促進をアピールする最も重要なツールである。いわば小売店における店舗であり、セールスマンの役割安」果たすものなのである。

したがって、顧客に注目され、数あるカタログの中かう選択されて購買行動をさせるだけの訴求力があり、好印象を与えるカタログであることが必要条件である。

また、カタログは、他のマスコミ媒体と違って、見込客や購買実績のある顧客に直接送れるツールなので、きわめてパーソナルであるとともに、レスポンス率、が格段に高いのも特徴である。

カタログにはゼネラルカタログとスペシャルカタログの二種類がある。最近では、扱い商品をすべて掲載したゼネラルカタログよりもスペシャルカタログが主流になってはいるものの、ニッセンなどはゼネラルカタログを主体にして売上高を伸ばしており、どちらが優れているということはない。

スペシャルカタログは、特定の顧客層だけを対象にしたり、同種の商品だけに特化してオリジナリティや品質、ブランド訴求力を強調したものである。

これは顧客二ーズの多様化に対応したセグメント化であり、どのカタログで「ほしい人に、ほしい商品の提供」が可能であり、顧害を固定客化し、安定的な収入源としてのリピート客に育て上げることができる。

共感を得るカタログ

では、新規参入する企業としては、どんな考え方でカタログづくりに臨んだらよいだろうか。

カタログをつくる上で一番大事なのは、制作上の技術の前に、自社のコンセプトやターゲットとする顧客、扱い商品、が何がということを前提にして、全体のテーマやイメージを描き、「自社の顔」としてのカタログに明確なポリシーを吹き込むことが必要である。

とれにより、カタログのサイズや表紙、色刷りなどが導かれ、テーマに沿った商品紹介を展開することで、自社独自のカタログが誕生することになる。しかもポリシーがあるので、全体に調和のとれたカタログをつくることができる。

訴求力があり、好印象を与えるカタログとは、商品ごとに提供する個別の情報もさることながら、このようにカタログ全体が醸しだすポリシーに負うところが大きい。

顧客は、カタログ全体から「好ましさ」「新しい発見」「楽しさ」「夢」を感じとって共感し、期待をもって受け入れるのである。

とくに、最初のカタログが顧客の評価を左右するだけに、社内の担当者や外部の制作スタッフともよく打ち合わせ、全力をあげて取り組むことが大切である。

なお、カタログは当初一種類だけで十分だ。ページ数は4の倍数だと印刷しやすい。紹介する商品が少ない場合、仮に4ページのカタログであれば、紙質を良くしたり、力ラー印刷にして印象を強めることを忘れてはならない。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 懇切・丁寧に故人や残された人の気持ちを汲み取ってくれる遺品整理会社を仙台でお探しなら、一品一品大切に仕分けて適切に処分してくれることで有名なリクエストがお勧めです。仕分けの時には遺族と一緒に一つ一つ確認をして丁寧に仕分けてくれて、遺品も処分ではなくなるべくリサイクルしてくれるなど遺族の気持ちに寄り添った対応を心がけてくれる良い会社です。量に限らず遺品の整理や処分を受け付けてくれているので依頼しやすい仕組みです。電話での問い合わせから即日対応もしてくれるフットワークの軽い会社で神奈川県にも支社があるので必要な際にはぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

  • 最大2400dpiの超・高画質プリントを実現したオンデマンド印刷のあくせすぱーくの製本技術なら、製版、刷版が不要なため、版の差し替え等が柔軟に行え、データから直接印刷できるので、様々なデータ形式に対応していてオススメです。

ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 広告、媒体による販売戦略の基本 All Rights Reserved.