新聞広告の上手な利用しかた

具体的に各媒体について、そのメリット、デメリットや利用上の注意点などについて考えてみよう。

新聞のメリット

①一度に多数の見込客に広告マスコミ媒体の代表格は新聞。

なんといっても発行部数が多いので、一度にたくさんの見込客の自に触れさすことができる。

②リスト集めに最適

顧客Uストがなくても販売ができ、同時にリスト収集の手段として利用できる。

③反応が速い

反応の速さという点ではテレビには及ばないが、すぐに反応が表れる。日数的には掲載日当日と翌日が反応が高く、以後は落ちる。

④生活用品の広告に向く

一般的に新聞はどこの家庭でも講読しているので、とくに家庭向けの商品を広告するにはオーソドックスな利用価値がある。

⑤新聞の信頼性

朝日、毎日、読売といった三大紙をはじめ、地方の有力新聞は社会的にも評価が高く、通販企業としての知名度がなくても、読者の信用を得ることは可能だ。

新聞のデメリット

①広告費用が高い

主要紙は一般的に高くなってきたが、地方紙・ブロック紙は狙い目である。また指定日でなく枠があいたときに入れてもらう方法ならば比較的安くすむ。ただ、広告掲載がいつかがわからない点が不安。

②広告生命が短い

これは反応が速いのと裏腹であり、それだけに訴球力のある広告が望まれる。

③力ラー印刷は高い

一般的にはカラーを使用する方が訴球力を増すが、商品特性から使い分けが必要。

新聞利用の注意点

新聞には全国紙をはじめ、地方紙、業界紙、経済誌、スポーツ紙などいろいろあり、一般的なメリットやデメリット、地域内の配布部数などを勘案して、媒体価値の高い新聞を利用する。

よく問題になるのは広告スペースの大きさであるが、大きければレスポンス率が高くなるわけではない。広告の目的を十分検討し、たとえば、「商品販売」と「資料請求」を同時に考えるなら、相応のスペースをとり、インパクトのある紙面づくりをする。「資料請求」を主に狙う場合は、簡潔な商品案内と、会社名、資料請求先(会社所在地や電話番号など)だけにとどめて、広告回数を多くするやり方もある。

また商品の特性にもよるが、雑然と並べるのではなく、商品の数を絞り、ラインナップに統一性とゆとりをもたせる。説明して効果のある商品は長文のコピーで読ませることも大切。とくに売りたい商品は大きく出したり、特徴を写真でクローズアップさせるなどの工夫をして注目させる。

なお、新聞広告の掲載料金や掲載日、スペース取りについては、広告代理店や該当する新聞社と密接な打ち合わせをおこなう。新聞広告料金は、日本広告業協会が年二回基準料金を発表しているので参考にされたい。

    関連サイトのリンク集

  • 10回以上の使い回しも可能で、耐水性・耐油性・耐熱性などにも優れているプラダンを神奈川で探しているなら、紙のダンボールに比べて一見高いと思いがちな価格でも、使い回しが利く分、結果的にコストを安く抑えることが可能なのでコスト削減を検討しているならオススメです。

ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 広告、媒体による販売戦略の基本 All Rights Reserved.