雑誌広告の上手な利用しかた

雑誌のメリット

①ターゲットに合わせられる自社が販売する商品に合わせて雑誌を選べるので、不特定多数とはいえ、媒体価値が高まる。

①リスト集めに有効

新聞同様に見込客(顧客)リストの収集手段として有効。ターゲットが絞れている分、読者がらの反応は期待できるが、雑誌によってバラツキがあるのも事実。

③比較的費用が安い

雑誌の発行部数や知名度にもよるが、比較的安くてすむ。カラーも可能だが、グラビアで四色力ラーだと高いので検討を要する。

④広告の訴求期聞が長い

新聞に比べ広告の訴求期聞か長いので、それなりの効果を期待できる。週刊誌、月刊誌、季刊誌の順に長くなる。

雑誌のデメリット

①発行部数が限定される

発行部数が少なくてもレスポンス率が高くなる場合もある。商品特性に合った雑誌がよいが、実際

に掲載してみないと結果がわからない

②雑誌購読者以外のターゲットの見込客を発見できない

③広告依頼から発行までに時間がかかる(月刊誌など)

雑誌利用の注意点

雑誌も読者対象によっていろいろな種類がある。とくに若い女性対象では、がなり細かくセグメントされており、たとえば二十代でも前半が後半が、キャリアウーマン主体か専業主婦主体がなど、自社がターゲットとする層を見極める必要がある。できれば、二、三の雑誌に同時掲載して、広告効果を確かめながら掲載誌を絞っていくのがよい。

また雑誌に広告掲載する場合は、一回限りでなく継続して打つと効果は少し上がる。ただし広告費は高くなるので、年間契約をして安くするのがコツである。

雑誌はB5判、A4判、またはそれらの変形聖が主流。広告スペースを一ページ取る場合は、がなりの情報量を入れることが可能だが、商品を絞って多くても数点にした方が訴求力が高い。力ラーでのとじ込みの場合などはむしろ一点に絞ると説得力が増す。

記事の中にスペースを取る場合は、ヨコ長よりもタテ長一杯に使う方がすっきりするし、レイアウト上でもやりやすい。また、説明文や表示事項は、一般的に記事の文字よりも大きく、ゆったりした配列がよい。読者に注目と興味を促すには、記事と区別されていることが望ましいのである。

また、雑誌広告に限ったことではないが、読者に購買行動(資料請求行動)を起こしてもらうためには、さまざまなオファー(商品以外に通販企業が提示するセールスプロモーション、いろいろな特典など)を用意して、仕掛けづくりをすることが大事である。オファーがあるとないとでは、反応がまったく違うということが経験的にも実証されている。読者が得をするコピl、たとえば、「今申し込むと、抽選で素敵なグッズが当たります」「このキャンペーンは来月までです。今なら特別価格でご提供できます」などである。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 大手に退けをとらないクオリティの高い工事をおこなうエアコンの取り付け工事を神奈川で探しているなら、中間マージンを必要としない業務体制を敷いているので、通常の施工料金より安く対応出来るのでオススメの業者です。

ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 広告、媒体による販売戦略の基本 All Rights Reserved.